訪問看護の求人・パート・アルバイト

このままでは共倒れになると多い、どこに助けを求めればよいのかもわからず途方に暮れていた時、最初に目にとまったのが市役所の月刊誌でした。そこで相談係に連絡したのが、この地獄からの始めの脱出でした。介護係やいろんな市役所の方から連絡があり、父の様子をみてアルコール性の認知症だとわかりました。病気でも力はあり、トイレにも一人で行けない状態になり、暴言もはくので家での訪問看護には限界があると感じ病院に入院させました。これまで仕事一筋で生きてきた父がまさか、そんな状態になるとは夢にも思わなかったので、そういう父を受け入れられるようになるまで時間がかかりました。病院では完全看護で暴れると別室に連れていかれました。そういう父の姿を見ると涙がとまりませんでした。自分の家族を介護するのも大変なのに、他人を介護する仕事に就いておられる方は本当に精神的強さと相手の気持ちに立って仕事ができる人でないと、とても務まらないと思いました。これから超高齢化社会をむかえる日本においては、誰もが気になる社会問題ではないでしょうか?国の対策に期待します。看護は愛情がなくてはできません。

訪問看護の求人・パート・アルバイト

新車購入とそれまで乗っていた車の買取り。

仕事の関係で実家に戻ったのを機に車を買い替える話になり、軽四の車を買う事に決めました。
もともと次に買うならN-BOXというホンダの車がいいな、と思っていたので、実際に車を見る為にホンダのショールームに足を運びました。
N-BOXを実際に見てみると、本当に軽四なのか?と思うほど車体が大きく、車の運転にはあまり自信のない私としては、自分に扱いきれるだろうか?と不安になってしまいました。
N-BOXにはそれよりも10センチほど天井を低くしたN-BOXスラッシュというタイプもあったので、そちらはどうかと思い、他の店舗にあるという事だったのでそちらも見に行ってみたのですが、確かに少し背は低く、見た目も凄くかっこいいのですが、お値段がかなり上がってしまい、私の予算では間に合いそうもありませんでした。
ホンダの方に話を聞いてみると、それでしたら今乗っているライフとあまりサイズ的には変わらないN-WGNはどうですか?という話になり、そちらの車を見せてもらうと確かにサイズ的に近いものがあり、運転しやすそうに見えました。
お値段を比べてみてもN-WGNの方が20万位お安く、それならば、と思いN-WGNの方を買う事に決めました。
予算としては本当にギリギリのところで、ナビなどをつけてもらうとなるとやはり値段が張るので、今乗っている車の下取りを考えました。
それまで乗っていたライフは中古で80万で買い、3年ほど乗っていたものでした、特にぶつけたりしていた訳ではなかったのですが、小さなさびが浮いてきており、どこに聞いてみてもあまり違いはありませんでした。
結局そのまま車を売る事になったホンダのディーラーさんに買い取ってもらい、ついたお値段は3万円、とても悲しい気持ちになりましたが、ゼロよりはマシだなと思い、そのままN-WGNに乗って帰りました。
N-WGNはとても乗りやすく、サイズも丁度良く、今ではとても快適に乗れているので、こちらにして正解だったなと思っています。

自動車保険を利用した時の話

私は単独の事故で自動車保険を利用したことがあります。
自動車保険は20代いっぱいまでは、料金も高く年間10万円を超える保険がたくさんあります。
でも実際に保険を利用することはあまりないと思いますが、
任意保険に入っていると本当に便利だと実感しました。

私はガードレールにぶつけてしまい、車とガードレールが絡まってしまって、
そこから動けなくなってしまいました。
すぐに警察に連絡をして来てもらい、おまわりさんの誘導のもと何とか車を自力で動かすことができました。
しかし状態はひどく、後部座席のスライドドアは完全に開かない状態でした。
修理のためディーラーに連絡をすると、すぐ近くだったのもありディーラーの方が迎えに来てくれ、
その場でだいたいの車の状態を見てくれることになりました。
それからディーラーまでの運転は可能だと判断され、ディーラーの方が故障者に乗ってくれて、
私はディーラーの車を借りました。

ディーラーではいつもお世話になっている営業さんがすでに慌ただしく動いてくれていました。
代車の手配や修理にどのくらいかかるかとその見積もりをすぐに出してくれました。
修理代と代車で40万円という高額な見積もりが出てきました。
しかしここで活躍したのが自動車保険でした。
車両保険にも入っていたので全額保険で補償され、自費では1円も支払いませんでした。
また、ガードレールを壊してしまったので市からガードレール代を請求されましたが、
それも保険の対象だったので1本10万円のガードレール代も保険がおりました。
全部合わせると50万です。しかも事故から1週間以内にすべての機関に支払ってもらえました。

50万円ともなると、突然払えと言われてもちょっと困ってしまう金額だと思います。
このような出来事は誰にでも起こりうることなので、任意保険に入っておくといざという時に役立つと思います。

車の購入について

自分は現在28歳の男性会社員を行っております。自分は高校の在学中に免許を取得を行いました。それは両親に無理やり、取得をさせに行かされたものであり、自分の本意ではありませんでした。自分は社会人になっても極力は車の運転をさけたいと思っておりました。自ら車を購入することもあるまいと思っていたほどです。教習所でも自分は実技でなかなか合格を取得することができずに、合格のスタンプなども、枠を飛び越えてしまい、カルテの裏のほうにもスタンプがのることになるほど運転がへたくそであり、教習所の教官等にもあなたは運転には向かないかもしれないと言われたほどです。最初はしっかりと運転ができるのですが、いきなり人が飛び込んできたときなどに自分はどう対処を行えばいいのかわからず、パニックになってしまうことが多かったです。それゆえの理由でした。あとは職場でも何人かが事故死をしてなくなっていたり、事故の影響で片足義足になってしまった人も知っております。それも理由のうちの一つでした。しかし、自分は4年前に結婚をして、現在では2人の子供もいます。それでやはり家族の移動となると車が必要になり、自分は勇気をだして、車の運転を決意して、友人のディーラーを紹介をしてもらい、デミオを購入することにしました。ネットで中古車を購入しました。ディーゼルエンジンなどで燃費もういて、維持費が基本的に安かったのです。非常に運転をしやすい車なので、自分としては助かり、現在では家族でドライブなども楽しんでおります。

カーシェアリングの良いところ

自宅の近くにはカーシェアリングの拠点がないのですが、近隣の市にはかなり豊富に拠点があり、時々利用しています。レンタカーと違い会員登録しておけば、利用時には無人の拠点に行き、面倒なやり取りや手続きが一切無しで、とても気軽に利用できます。返却時もただ拠点のスペースに戻すだけですし、時間内に戻れそうにない時は、スマートフォンから時間延長の申請も出来ます。ガソリンは基本的には補給されてますが、もし足りなくなりそうなら車の中にカードがありますので、それを使いスタンドで無料で補給できます。補給した場合はその分利用時間が増えるとという特典もあります。最近、実家の引越を手伝った際は、かなり有効に活用させてもらいました。どこでもすぐに利用できるので、引越の時も実家のすぐ近くにある拠点を利用しました。一時間借りて一旦返して、また夕方借りるという事もしました。ただし、休日などは利用する人が増えますので、予約が埋まっているというケースが何度がありました。その場合は少し遠いところの拠点を利用することになります。近隣で複数の拠点があるところなどでしたら、それほど困ることはないかもしれませんが、一箇所しかなくて車も一台という場合は、直前に借りようとしても他の人の予約で借りる事ができない事があると思います。大事な用事の時は早めの予約が大事です。もう一つカーシェアリングならではのデメリットは、自分の前の利用者が車内を散らかしていた場合などは、レンタカーと違い毎回車内点検と清掃が入るわけではないので、ゴミが残っているような事も時々ありました。しかし総合して考えると、カーシェアは比較するメリットの方がかなり大きいので、今後も積極的に利用していきたいですね。

 

車のトラブルについて

私は免許取り立ての初心者なのですが、教習所で習った事だけでは車を管理できない事に気が付きました。
中古の車を買ったのですが始めは車の中のスイッチが何なのか分からなくて、ハンドルの位置調整やシートの位置調整、エアコンの操作からカーナビの使い方、トランクやガソリンの開閉位置が全く分かりませんでした。
運転が下手で何度か車をこすったり、サイドミラーを壊したりしましたが、何とか他人に迷惑をかけないよう心掛けて最近は危ない運転をしないようにして少しずつ慣れてきました。
私は車の中でタバコを吸うのが好きでエンジンをかけないまま電気をつけたまま過ごしていました。
エンジンを切る時にエアコンやライト、ワイパーなどをつけっぱなしにするとバッテリーが上がることは知識として分かっていたのですがタバコを吸うために5分から10分エンジンをかけずに数日間過ごしていたら、ある日夜自宅の駐車場でバッテリーが上がってしまったのです!
まずカーナビが突然つかなくなりおかしいと思っていたら、スピードメーター付近に謎のアイコンが点灯し、何かおかしいと気付いた私は家族に相談してみたところバッテリーが上がっていると指摘され、エンジンをかけようとしても気が抜けた変な音がなりエンジンがかからなかったです。
私の父親は車を販売していたこともあり詳しかったので状況をすぐに理解し、自分の車のバッテリーからケーブルでつないで電力を私の車のバッテリーに供給してくれました。
その結果エンジンがかかる様になり、少しの間エンジンをつけっぱなしにしてガソリンの力を借りて電力を充電しました。
充電する為に30分くらいそのまま放置しろと言われたので車の中で時間をつぶしてその結果、父のおかげで2日後の会社に通勤することができました。
今回の件で父親に感謝を思いつつ車を持つものとしては知識であったり、車の管理をもっとしっかりしないといけないなと感じました。最も心配で影響度の高いデメリットであると言えます。

車検を新規で依頼する場合
初めて来店するガソリンスタンドへ依頼する場合、お任せで依頼すると必要ない物まで交換される恐れがあります。一見さんだと通常より高い金額を請求される可能性も否定できません。ディーラー車検では過去の記録(ベルト・部品等の交換時期、メンテナンス周期等)がしっかりとしており、このような被害に会う可能性は低いです。同じガソリンスタンドで毎回受けていけば回避できる可能性は高いですが。
GS車検の他にもホリデー車検・カーセンサー車検等の車検が安い業者も検討しておきたいところです。最終的には自己責任で……